お母さんを責めないで・・・

こんにちは。

AYANOです。

 

お子さんのTBIで、何度指導しても、改善されない。

きれいに歯をみがいてくれない。

いったいこの子のお母さんは、ちゃんと仕上げみがきをしているのか!?

と少し憤りを感じたり…

 

そんな経験ありませんか?

 

私も、よく小児のメインテナンスなどで、

プラークがべっとり多い子をみると、

歯医者に来る前にちゃんとみがいてよ…と思ったものです。

(今でも思うときはありますが…)

 

どうして歯をみがかないのだろう?

そのことばかりに着目して、あまり環境にまで、

気を配れていませんでした。

 

 

当時8歳の男の子。

もう仕上げみがきは卒業して、

自分でちゃんとブラッシングしていける年齢なのに、

いつも口腔内はプラークがべっとり。

家で全く歯をみがいてないのでは…と思うくらい汚れていました。

 

本人にTBIしても、

まず、会話をしない。こちらの話を聞いているのか、聞いていないのか、

一言も話さない。

そんな男の子でした。

 

私は何とか清掃状態をよくしたい一心で、

「お母さんから本人にみがくよう言ってください。」

「仕上げみがきをときどきでいいので、お母さんがしてください。」

とお願いするしかありませんでした。

 

 

「家でも言っているのですが…。」

「はい。わかりました。」

お母さんも半ば疲れた表情。

 

そのときの私には、

子育ての経験がなかったので、その親子の生活状況を、

察してあげることができませんでした。

 

 

その8歳の男の子には、

生後3~4か月くらいの、小さな弟がいました。

 

お母さんはその赤ちゃんのお世話で忙しく、疲れているようでした。

 

 

お母さんは、小さい赤ちゃんに手がかかり、

上の子の仕上げみがきどころではなかったのかもしれません。

 

ご飯も以前のように、ちゃんと作れなくなったのかもしれません。

 

赤ちゃんの夜泣き、授乳で、睡眠不足だったかもしれません。

 

また、その8歳の男の子は、

赤ちゃんが生まれるまでは、お母さんの愛情を一人占めできたし、

お願いすれば手伝ってもらえたし、

たくさんかまってもらえたかもしれません。

 

そして、自分が小学生で、お母さんに甘えたくても、甘えられず、

いろんなことを我慢していたのかもしれません。

 

歯をみがかないといけない…と何となくわかっているけど、

一時的に無気力の状態だったかもしれません。

 

 

自分が子どもを生み、

育てるようになってから、

あの時の親子のことを思い出しては、

家庭環境や状況を考えてなかったことを、後悔しました。

 

「お母さん」という立場の人は、

責められてばかりです。

 

子どもが泣けば、周りに気をつかい。

子どもがケガや病気になれば、家族から責められ、

ほとんどの家事や子育ては、一人で頑張っている。

 

それなのに、

むし歯になれば、歯医者から責められ、

歯みがきができていなければ、歯科衛生士から責められる。

 

もう疲れきってしまいますよね。

 

「お母さん。今の大変な時期を、とても頑張られていますね。

上の子が歯をみがかなくなったことは、一時てきなものかもしれません。

歯医者さんでは、お子さん本人が自立できるサポートをしますね。

それまでは、お母さんは今は大変でしょうから、

できるときだけ仕上げみがきをしてくださいね。

むし歯にならないように、だらだら食べるのはやめましょうね。

だらだら食べをやめれば、歯も歯垢がつきにくくなりますよ。」

 

「お母さん、あなたは本当によく頑張っていますよ。

だから自分を責めないで。」

 

今ならこんな声かけができたと思います。

 

 

関連記事

最新記事

  1. お客様の声/歯科衛生士⑤(歯科医院6ヶ月研修)

  2. お客様の声/歯科衛生士④(歯科医院6ヶ月研修)

  3. お客様の声/歯科医師(歯科医院6ヶ月研修)④

  4. 超音波スケーラー実習セミナー(お客様の声②)

PAGE TOP