プロバイオティクスは歯周治療に有効か?

こんにちは。

歯科衛生士の前池 綾乃です。

 

今回は2018年の「Journal of Clinical Periodontology」に掲載された、

ブラジルのSao Paul 大学のInverniciらによる論文で、

ビフィズス菌含有のプロバイオティクスは歯周治療の効果を 

向上させるか?という内容が発表されました。

 

 

 

 

 

 

SRPを終えてから、プロバイオティクスの錠剤を

30日間服用した場合、プラセボ錠剤を服用した群よりも、

プロービングデプス(PPD)4mm以上と、

臨床的アタッチメントレベル(CAL)の改善が大きく、

ポケットの残存もか少なかった。

 

という結果になりました。

 

レッドコンプレックスなどの歯周病原性最近と

考えられる菌数が大きく減少し、B.Lactisが増加した結果から、

慢性歯周炎患者の治療において、B.Lactisの服用は

SRPと併用することで、有益な結果と結論づけました。

 

 

従来、歯周炎は歯周病原細菌による、感染症と

位置づけられていましたが、

細菌叢のバランスの乱れにより引き起こされる病的状態、

「Dysbiosis」

が近年の歯周炎の病因になっています。

 

プロバイオティクスのような「善玉菌」が増えることで、

悪玉の歯周病菌を減らし、菌叢を変えるという考え方です。

 

以前、ロイテリ菌ヨーグルトについて記事を書きましたが、

それと同じ考え方でした。

↓ロイテリ菌ヨーグルトのブログ記事

https://ameblo.jp/ayanokanna/entry-12381117801.html

 

 

 

 

 

 

論文の結果が過剰評価されているかもしれないということで、

さらなる研究が必要と書かれていましたが、

使ってみる価値はありそうです。

 

※参考図書 DH Style2019年3月号より

関連記事

最新記事

  1. お客様の声/歯科衛生士⑤(歯科医院6ヶ月研修)

  2. お客様の声/歯科衛生士④(歯科医院6ヶ月研修)

  3. お客様の声/歯科医師(歯科医院6ヶ月研修)④

  4. 超音波スケーラー実習セミナー(お客様の声②)

PAGE TOP