口も体も健康になる!?「ロイテリ菌」

こんにちは。

歯科衛生士の前池 綾乃です。

今日は歯医者に通うも、

歯科衛生士さんも、

みんなに知っていただきたい

ロイテリ菌についてのお話しです。

 

 

 

1.ロイテリ菌って何⁇

 

母乳由来の乳酸菌です。

 

 

 

2.どんな効果があるの?

•歯周病菌の抑制

•ミュータンス菌(ムシ歯の原因菌)の抑制

•口臭の減少

•アレルギーの抑制

(アトピー性皮膚炎)

•ピロリ菌の感染抑制

•赤ちゃんの夜泣きが減少

 

そう、すごい効果は、

口の中だけでないということ!

 

 

 ロイテリ菌が腸内に定着すれば、

体も口の中も健康になれるということです。

 

 

 

3.どうして健康になるの?

 

バクテリアセラピー

という治療はご存知ですか?

 

 

バクテリアセラピーは、

体に有益な生きた菌が腸まで届く

(プロバイオティクス)ことで、

体の中の常在菌(2.0kg)の総体数は変わらず、

悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことを

言います。

 

 

抗生物質は、悪い菌だけでなく、

良い菌も攻撃して減らしてしまいますが、

バクテリアセラピーでは、良い菌が増えます。

 

 

どちらも悪玉菌を減らすという目的は

同じですが、善玉菌を減らす抗生物質と、

増やすプロバイオティクスでは、

全然違います。

 

 

日本は薬大国なので、

風邪をひいたら、すぐに薬を処方してもらい、

飲む方が多いですが、

海外では医療費が高額なこともあり、

すぐに抗生剤を飲みません。

 

 

自分の免疫力を上げ、自分の体の力で治癒する予防に力を

入れています。

ですから、善玉菌を増やすバクテリアセラピーの方が

健康と言えるでしょう。

 

 

4.安全なものなの?

 

バイオガイアのロイテリ菌は世界No1のシェアで、

約100ヶ国で使用されています。

アメリカの高い安全基準の、 GRAS証明がついており、

アメリカでNICUに入る重篤な赤ちゃんは、

生後1日目からこのロイテリ菌を摂取するなど、

医療の現場で使われています。

 

 

健康思考の方、添加物を気にされる方も、

安心して使えます。

 

 

5.どのように摂取するの?

 

歯科医院で販売しているものには、

主にタブレットや、リキッドがあります。

 

 

タブレットなら、

1日1回、夜の歯磨きを終えた後に食べます。

夜の寝ている間が一番、口の中の細菌が繁殖するからです。

 

 

また21日から28日連続摂取しないと、ロイテリ菌が腸内に定着し、

効果を発揮できないので、

最低30日は摂取を続ける必要があります。

 

 

 

 

タブレットのパッケージは様々ですが、

中身は同じです。

 

 

味や用途別で、数種類あるので、

購入はロイテリ菌を知っている、

歯科衛生士さんに相談するのが良いでしょう。

 

 

 

↓市販でも販売されています。

 

 

 

6.  2歳までによい菌を!!

 

「ムシ歯菌は3歳までに感染させなければ、

比較的、ムシ歯になりにくい子になる」

とお話ししている根拠は、

 

2歳には大人と同じ菌叢に近づき、

その後、体の菌の割合が変わりにくいということです。

 

 

2歳くらいでムシ歯で歯がぼろぼろの

お子さんは、すでにミュータンス菌に感染し、

1〜2歳の食生活習慣に問題がある場合が多いです。

 

 

とても注意しないといけない時期に、

与えない方がよいものを食べていた可能生もあります。

 

 

また帝王切開の子の方が、

自然分娩の子に比べ、生まれた時は菌が

少ないのですが、少ない分、耐性がなく、

3歳にはミュータンス菌がおおくなりやすいという

ことを聞きました。

 

 

自然分娩児は、お母さんの産道を通るので、

いろんな菌をもらって出てきた結果、

菌に強い子になるのです。

 

ですから、

妊婦さん、子どもから高齢者まで、

ロイテリ菌を取り、腸内環境を整えた上で、

健康的な食事や、生活を送ると、

ムシ歯や歯周病だけでなく、病気になりにくいのでは⁈

と期待しています。

 

我が子はロイテリ菌で口臭がなくなったので、

効果を感じていますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です