BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マインド
  4. [見学]のすすめ

[見学]のすすめ

こんにちは。

歯科衛生士の前池 綾乃です。

 

ずっと仕事を続けていると、こんなお悩みはありませんか?

 

 

・毎日が同じことの繰り返し

・仕事がマンネリになっている

・自己成長を感じない

・職場もたるんだ空気

・やりがいがなくなってきた

 

あなたがそのように感じているなら、

ぜひ、他院を見学しましょう!!

 

 

「就職するわけでもないのに、見学に行ってもいいの?」

 

歯科医院によって様々ですが、

働かないが、見学OKの医院もあります。

まずは直接その歯科医院に問い合わせてみましょう。

 

 

1.見学したい医院の選択

 

見学したい歯科医院の探し方は、

 

①自分が働いてみたいと感じた医院をホームページで検索

②セミナーや学会などで知り合った先生の医院

③尊敬する先生や、歯科衛生士さんにおすすめの医院を聞く

 

 

2.見学のマナー

 

まずは勤め先の院長に、今度〇〇歯科医院に見学に行く旨を

伝えてください!

 

転職を考えているときは黙って行くこともあるでしょう、

 

しかし、今の職場をやめないで、

自分自身の成長のため、

良い点を取り入れて、医院を成長させるために

見学に行くのなら、院長に伝えてください。

話すことで、院長も安心して見学に送り出してくれるでしょう。

 

 

3.その他見学先へのマナー

 

①必ずアポイントをとりつける

(見学先の院長、医院のスタッフ)

 

院長だけ見学に来ることを知っていて、

他のスタッフが知らないことがあります。

見学日は相手に迷惑がかからない日が望ましく、

忙しいアポイント時は避けたいです。

 

対応してくれるスタッフさんへの配慮を忘れずに、

見学日が決まれば、医院に電話を入れておきましょう。

 

②手土産をもっていく

お世話になる先生や、スタッフさんが食べれるお菓子など、

お礼を込めて用意しましょう。

 

 

③見学後のお礼を伝える

見学した日の夜、もしくは次の日に、

メールでお礼文を送りましょう。

また、手紙で送るのもよいでしょう。

 

お礼以外に、

どのような点が勉強になったのか、

見学してよかった点なども書きましょう。

 

 

私は見学がとても大好きです。

一人で行くこともあれば、

同じ医院の同僚と行くこともあります。

 

自分が主体で行動するなら、

見学時に名刺も忘れずに持っていきましょう。

 

他院を見ることで、

新しい発見があり、

また、今の職場の良さに気づくこともあります。

 

社会人として、患者以外の同業者との関わり、

話し方、接し方など、

外に出ることで普段の日常を振り返れます。

 

ずっと歯科医院の中だけでは、

視野が狭くなり、考え方の基準が自分の物差しで話しがちです。

 

見学やセミナーなど、

院外に出て学ぶ機会をつくってみましょう。

 

きっと新しい自分につながるヒントを得ることでしょう‼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事