初診カウンセリングを導入したい

こんにちは。AYANOです。

悩める歯科衛生士さんに、役立つ情報発信をしています。

 

今回のテーマは「初診カウンセリング」

 

今でこそ、初診カウンセリングを導入している歯科医院は増えましたが、

まだ導入されてない医院にとっては、未知の領域ですよね。

そこで、はじめて初診カウンセリングを導入するにあたり、

どのようなことを準備していけばよいか、お話ししますね。

 

pexels-photo-1089550

1.カウンセリングを行う場所

 

カウンセリングをどこで行うかは、とても重要で、

やはり、はじめから診療のチェアーに導入されると、

緊張されます。

 

 

チェアーに座ると、患者さんは「まな板の鯉」状態。

患者さんは言いたいことや、悩みを言えず、治療に入っていきます。

 

そこで、もし患者さんの望んでいたものと合致しなければ、

何も言わずにその方は来なくなるでしょう。

pexels-photo-69686

来院が途絶えるのは、カリエス治療が終わった後かもしれません。

いずれにしろ、やはり、メインテナンス率を高くするのと同様で、

気に入って、継続来院して頂くには信頼を築いていくことが大切です

 

 

 

早く治療してほしい方にはよいかもしれませんが、

 

やはり、

患者教育を行いながら、信頼を構築していくには、

初診カウンセリングはかかせません。

 

むし歯も、歯周病も、予防していく上で、

はじめにしっかりお話しを聞くことは重要です。

 

 

 

カウンセリングルームを設けるか、

パテーションなどで個室空間をつくるのがベストです。

診療所のスペースの問題で、チェアーサイドで行う場合もありますが、

そのときは、できるだけ治療の削っている音(タービンなどの音)が、

聞こえない、静かな空間をつくれるよう、

治療チェアーから離れたチェアーで行いましょう。

 

 

2.カウンセリングシートの作成

 

カウンセリングシートを作成し、どの順で聞いていくのがよいか、

あらかじめ決めておくことで、どのスタッフがカウンセリングにあたっても、

聞きもれがないようにします。

 

 

・主訴は何か?

・当院になぜ来られたか?

・今までの歯科医院ではどのような治療を受けられてきたのか?

・どんな状態にしてもらいたいのか?患者さんの望みは何か?

 

 

 

3.診療システムの紹介

 

・今日何を行うのか

(プロービング検査や、レントゲン写真、口腔内写真などの資料撮りの説目)

 

・どのような考え方、治療のすすめ方を行っているか

(予防歯科の概念や、治療が終わったあとのメインテナンスが重要なこと、

その他唾液検査など、行うことの重要性を説明)(初診時に簡単に説明し、また後日、治療計画や、検査結果としてCやPをお話しする。

「初診時はたくさん話しを聞いてくれたが、そのあとの説明がない。」

とならない為にも、検査と結果をしっかり伝えることは重要です。

 

 

4.患者さんに約束してほしいこと

 

例えば、キャンセルのある場合は、1日前までに電話していただくことや、

痛い場合は無断でお越しいただくより、電話予約して頂いた方が、

他の患者さんに迷惑をかけず、スムーズにご案内ができることをお話しします。

 

 

 

5.初診予約は電話がよい

pexels-photo

30分はカウンセリングや資料撮りの時間に当てたいので、

予約をとる際は、実際にチェアー外で、30分早めにとるのがよいでしょう。

 

 

始めはお話しが上手くいかないかもしれません。

ですが、慣れれば、とてもたくさんのことを、

お口を診る前に知ることができ、

患者さんとも信頼関係が築きやすいです。

 

 

そして、初診カウンセリングをしていく中で、

心理学、NLP、コーチング

などの知識があると、

さらにカウンセリングが実りあるものになります。

 

ぜひ、初診カウンセリングをはじめてみましょう!

 

最新記事

  1. お客様の声/歯科衛生士⑤(歯科医院6ヶ月研修)

  2. お客様の声/歯科衛生士④(歯科医院6ヶ月研修)

  3. お客様の声/歯科医師(歯科医院6ヶ月研修)④

  4. 超音波スケーラー実習セミナー(お客様の声②)

PAGE TOP