マグネット式とピエゾ式の違い

こんにちは。
歯科衛生士の前池 綾乃です。
 
 
超音波スケーラーの知識。
今回はマグネット式とピエゾ式について、
お話しします。
 
 
 
 
1.マグネット式、ピエゾ式の特徴
 
 
マグネット式
 

•1957年デンツプライ社が開発

 
•商品名…キャビトロン
 
•チップの動き…楕円、円
 
チップの全面を使用できる。
 
 
 
 
 
ピエゾ式
 
•1979年サテレック社が開発

 

•商品名…P-max、

                バリオス、エナック、ピエゾン
など、数社から出ている。
•チップの動き…線
 

チップの側面のみ使用可能。

(チップの形状によって、少し使い方が異なる)

 
 
 

 
 
操作性で言うと、
どちらも効果は高いのですが、
マグネット式の方がチップのどの面でも
使えるため、簡単とされています。
 
 
ピエゾ式の方が上級者向けとのこと。
 
ハンドスケーラーが上手な方は、
超音波スケーラーも上手に使いこなせます。
 
 
 
私はP-maxが好きですが、
キャビトロンも使いやすかったです。
 
 

 
 
 
 
 
 
2.使用時の注意点
 
マグネット式は歯面に90°で当てないこと❗️
 
ピエゾ式は歯面に45°で当てないこと❗️
 
 
この角度で使用すると、
根面にダメージを与えてしまいます。

 
 
 
両方ともに、使う角度は
0〜15°で操作すること
 
 
が大切です。
 
 
 
ご自身のお使いの超音波は、
マグネット式?
ピエゾ式?
 
 
 
お使いの超音波スケーラーの特徴を活かして、
患者さんを治療して下さいね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です