悩みの壁を乗り越える!!

こんにちは。

歯科衛生士の前池 綾乃です。

 

私が今までどのようなことに悩みもがき、

仕事を続ける上で、どのように乗り越えてきたのか・・・。

そんな葛藤や、今までの転職(転院)にまつわるエピソードを紹介します。

 

 

歯科衛生士になってから、最初に行き詰ったのは、

お給料や勤務時間などの待遇で選んで就職した医院が合わなかったことでした。

 

デンチャー調整や、補綴物の調整で歯科医師のフォローの仕事をさせられる毎日でした。

私が行いたいのは、歯科衛生士業務で、縁下歯石をとったり、

メインテナンスを行いたかったのですが、ハンドスケーラーが医院にはなく、

超音波スケーラーだけでよいと言われ、自分が行いたい歯周病の勉強(SRP)はできないと思い

すぐに退職しました。

 

 

2回目に行き詰ったのは、その次に歯科衛生士として3年働いたところで、

とても勉強熱心な先生でした。たくさんの学びと経験をさせていただきました。

学生の頃からお世話になっていた先生で、

セミナーにもたくさん参加させていただきました。

 

 

勉強すればするほど、他の歯科衛生士との温度差は激しく、

職場で共に学ぶ仲間はいませんでした。

 

 

次第にチームワークや組織の改革を行いたい。

自らリーダーシップをとり、よいチームメンバーで仕事を行いたい。

医院に通う全ての患者さんが、どのスタッフにあたっても質の良い医療を受けれるようにしたいと思いました。

 

医院が年功序列であったことや、他院と交流するきっかけがあり、そこで他の医院でチーフの立場で

仕事をしないかという声がかかり、医院を移る決心をしました。

 

 

その新しい院長と知り合った場で、人生を変えるきっかけになった言葉は、

CHP研究会の当時の代表の諸井先生の言葉です。

 

「歯科衛生士でも理想の医院をつくれる。」

「乗っていた船の行先が違うのなら、自分の行きたい方向に行く船に乗り換えればよい。」

院長の方向性が自分の行きたい方向ではなくなったのなら、

医院を辞めることは悪いことではないと言ってくれました。

 

 

何度も何度も辞めることを引き留められました。スタッフとの関係は良かったので、

辞めることを何度も迷いましたが、6ヶ月の準備をかけて、新しい医院へ移ることになりました。

 

 

 

3回目の行き詰まりは、そのチーフとして3年勤めた医院で起こりました。

始めから医院の改革をしようと意気込み、夜は毎日遅くまで残って、医院の仕事や雑務を行い、

休みの日も医院のホームページの打ち合わせや、幼稚園の保健指導の営業を行うなど、心血を注ぎました。

 

 

後輩にも恵まれ、とても勉強熱心で、同じ職場で学ぶ仲間が増えたことなど、喜びは大きかったです。

 

 

しかし、いろんなことが起こりました。

最終的に自分の熱意が強すぎて、院長に求める要求も強くなり、

理想的な治療をしてほしいと思うようになりました。

 

他には、これだけメインテナンスを行っているのに、一向に虫歯治療で通う人が減らない現実に

疑問を抱くようになりました。医院の患者数はどんどん増え、Dr3人DH6人でチェアー7台がフル稼働。

バイトスタッフを入れると15人ほどのスタッフをまとめることなど、人間関係のトラブルが増え、

一般の企業研修や自己啓発、コーチングなど歯科以外の勉強も行っていました。

ここでも頑張れば頑張るほどスタッフとの温度差が広がり、何のために頑張っているのか

自分を見失ってしまいました。

 

スタッフとのトラブルの中で「結局Drじゃないと自分が求めることは叶わなかったのだ。」

と感じるようになりました。

 

自分の心が未熟だったため、解決できない問題に発展してしまい、

生涯この医院で働くことは、自分のビジョンにはないと感じ、退職しました。

ここでの出来事は人間不信になり、仕事で本来の自分をとりもどすのに3年かかりました。

一度歯科衛生士を辞めたのはこれが初めてです。2ヶ月無職になりました。

 

 

探しても働きたいと思える歯科医院は全くなかったのです。

その後NDLの長谷ますみ先生の紹介で入ったのが、

としな歯科医院です。

 

 

今までの行き詰まりがあった場合、全て退職という形をとりました。

 

 

現在私は結婚、出産を経て子どもが3人になり、

社員で働いていたときと、今のパートになってからでは、働き方は全く異なります。

昔の思い描いていたほど、仕事に没頭することや、自分の時間がなくなりました。

 

ですが、としな歯科は生涯辞めずに働き続けたいと思っていいます。

働きながら、自分が歯科衛生士として、多くの歯科衛生士さんや歯科医院の役に立ちたい、

それがたくさんの患者さんを救うことになると思い、歯科医院に所属しながら、

セミナーインストラクターをし、自分自身の起業で、半フリーランスという道を選択しました。

現在も、仕事と子育ての悩みはつきません。

 

 

たくさんの歯科衛生士さんが自分のエピソードをもっていることでしょう。

そのステージごとで悩みは変わり、

また自身の求めるものが変わっていくと感じています。

 

 

壁を乗り越える度に成長ができます。

しかし、壁を乗り越えるために精神が不安定になっては本末転倒。

ときには立ち止まって牛歩の歩みでも構わない。

今できることから始めること。

そして常に自分はどう在りたいのかを問うことが、

目の前の壁を超える言動力になるのでは…。

 

そう思いながら。

悩める歯科衛生士さんに届きますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です