BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 予防歯科
  4. 歯周病に効果があるヨーグルトとは?

歯周病に効果があるヨーグルトとは?

こんにちは。

歯科衛生士の前池 綾乃です。
 
 
本日は歯周病や虫歯予防に効果がある、
 
ヨーグルトを紹介します。
 
 
 
OHAYOから発売された、
 
「ロイテリヨーグルト」
 
 
 
昨年の日本歯周病学会で試食し、
 
今は近くのスーパーで販売されています。
 
 
ロイテリヨーグルトは、
 
ロイテリ菌が入っているヨーグルトですが、
 
パッケージを見ただけでは、どんな効果があるのかわかりませんね…。
 
 
 
ロイテリ菌が生きて腸にまで届きます。
 
 
 
 
 
 
 
1.ロイテリ菌の効果
 
①歯周病菌を減らす
 
②ムシ歯菌を減らす
 
③口臭が改善する
 
④胃腸の悪玉菌を抑制する
 
⑤感染症やアレルギーを改善する
 
 
 
 
歯周病も、ムシ歯も予防ができ、
 
お口だけでなく全身も健康になる、
 
万能ヨーグルトなんです!
 
 
 
 
 
 
 
2.バクテリアセラピー
 
最近歯科界でよく聞くようになった、
 
バクテリアセラピー。
 
 
 
 
バクテリアセラピーとは、体外から善玉菌を取り入れ、
 
悪玉菌と入れ替えることで、善玉菌を増やし、
 
自らの免疫力で健康を維持する考えです。
 
 
 
人の体の表面には、1000種類以上、
 
100兆以上の細菌が存在します。
 
重さにすると約2kgもあるそうです!
 
 
 
バクテリアセラピーに注目が高まっている
 
きっかけは、抗生物質が効かない、「薬剤耐性菌」の増加です。
 
 
薬大国の日本では、風邪をひいたり、体調が悪いとすぐに
 
抗生物質を服用される方が多いです。
 
 
 
 
 
抗生物質は悪玉菌だけでなく、善玉菌も殺してしまうので、
 
使い続けると薬が効かない上に、
 
自分の免疫力が低くなってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
3.全身の健康は口から
 
 
唾液1mlあたり1億
 
プラーク1gあたり1000億もの細菌が存在します。
 
これは大腸に匹敵します。
 
 
 
 
健康な人の腸内細菌のバランスは、
 
「善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1」、
 
そして健康な人の口の細菌バランスは、
 
「善玉菌10:悪玉菌1」と言われています。
 
 
 
 
 
体の中の侵入口であるお口の菌が、
 
善玉菌ばかりなら、体内へのウイルスの侵入を防いでくれるでしょう。
 
 
 
 
 
 
このように、お口が健康になれば、全身も健康になります。
 
 
歯周病は妊娠期の低体重出産や早産、
 
誤嚥性肺炎、糖尿病を悪化させるなど、
 
全身と深いつながりがあります。
 
 
 
 
 
 
1日1個、ロイテリ菌ヨーグルトを食べて、
 
免疫力を高めませんか?
 
 
 
ちなみに1個約150円。毎日食べれるのなら、
 
1ヶ月間、続けてみてください。
 
 
歯科から素晴らしいロイテリヨーグルトを、
 
患者さんにすすめてみてくださいね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事